小道具

【腰痛改善】腰袋が原因で腰痛。道具を軽量化したもの4選

2022-01-08

月日が早いもので今年で26に。そんな最近の悩みは腰痛。

腰痛なんてもっと先の話だと思っていましたが、毎日腰袋をつけてるとイタイ。

そこで今回は腰袋を軽量化したので腰痛持ちの方、腰袋を軽量化したい人は参考にしてみてください!

こんにちは。リフォダイです。 Twitterもやっています。

軽量化のポイント

俺が軽量化をするうえで考えたポイントは以下の2点。

ポイント

・必要最低限にすること

・軽い素材を選ぶ

それぞれを簡単に説明していきます。

必要最低限

道具は多くても邪魔になるし落としてしまうリスクなどがあります。かといってあまりに減らしすぎると、いちいち取りに行くことになるのでこれじゃあ本末転倒です。

軽い素材を選ぶ

必要最低限にするってことは減らせない工具もあります。それなら道具を軽量化してしまおうという計画。

軽い素材を選ぶと少々値段は高くなりますが、仕事にお金をかけるタイプなので気にしないでいくぜ。←ほんとは少し気になる。。。

現段階の装備

軽量化前の装備はこんな感じ。

左の空きスペースに釘袋を装着していましたが、外してしまっていたので割愛します。

中身を出すとこんな感じ。

  • 玄翁
  • 差し金
  • Sバール
  • インテリアバール
  • 釘締め
  • 墨ツボ
  • カッター
  • 鉛筆
  • キリ

重さが3kgと、これでも軽くした方ですが、もっと軽くしたい。

でもこれ以上道具を減らしたくはないし、仕事の効率も悪くなると思い、道具の軽量化に挑戦。

道具を軽量化

ここからは軽量化前、軽量化後を紹介します。

玄翁

前→450g(写真上)

→300g(写真下)

一番減量した中で効果が大きかった玄翁。

頭のサイズは小さくなったものの、デザインは変わらずマイナス150gに成功。

150gも軽くなると、手に持った時の感触も軽くなりました。

打ち応えも通常のN釘なら問題ありません。

バール

インテリアバール

こちらは200mmのモノを使用。


前→180g(写真上)

後→180g(写真下)

しまった!痛恨のミス。まさかの重さが一緒。

まあ見た目が鏡面仕上げになっているので、デザイン的にOKとしよう。

Sバール

こちらは210mmのモノを使用していて

前→180g(写真上)

後→160g(写真下)

よかった。こっちはマイナス20g成功。

持った感じはそんな感じないが小さな積み上げが大事。と言いかける。

ちなみに4000円したので普通のバールより値段が4倍したぞ!

釘袋を脱着化

釘袋は使わないときは邪魔だし、使うときにないと困る。

そこで脱着式の釘袋はないかなーと探していたところ、あった。求めていたものが!

TAJIMAの着脱式腰袋だ。

前→0g

後→装着時290g。

構造は、タジマの脱着スケールを使ったことがある人にはわかると思いますが、それと一緒の構造。

上のように受けを腰ベルトに巻いて

上から袋を装着する。両サイドの金具はベルトに差し、真ん中の金具が腰ベルトにつけた受けに刺さるという感じ。

外したいときは、受け側にスライドさせる物があるのでそれをスライドさせて袋を上に持ち上げる。

使いたいときに装着。使わないときには外す。これぞ理想形態。

戦力外にした工具

冒頭で道具は減らしたくないと言いましたが、よくよく考え戦力外にした工具を紹介。

釘締め

釘締めは軽いのに変えようと思ったけど、迷ったあげく除外。

これから使ってやっぱり必要だと思ったら復帰させる予定です。

マイナス126

ビット

四角いビットを持っていましたが、よくよく考えてみたら金物を留めるときにしか使わないので、戦力外にしました。

その都度、金物と一緒に持ってくるようにすればOK。

マイナス27g

新たに加わった仲間たち

腰袋をいじると毎回楽しくなってしまいます。←自分だけ?

これってあるあるじゃないですか?

自動糸巻

糸巻はよく使う道具なので腰袋には前から入れたいと思っていました。

プラス96g

カッターケース

カッターの替え刃もよく使うのでこれも腰袋に入れたいと思っていました。

普段は50枚入りの刃を買っていますが、10枚入りのケースもありました。

これを腰袋に常備して、なくなったら補給するというサイクルを考えました。

ちなみに収納場所は釘締めに刺さっていた所に収納。

プラス90g

増量したけど結果オーライ

増量したものの、これで仕事の効率が上がればOK。よく使う道具なので、取りに行く手間が省けて腰袋の効果を発揮できそうです。

総重量

軽量した工具をすべて足すと合計323g減量に成功。

新たに追加した工具が186g

合計137g軽量に成功

まとめてみるとそんな軽量化できてはいなかったけど、全盛期に比べたら全然軽いです。

そんな感じで軽量化を参考にしてもらえれば幸いです。

他にも大工を目指している方におすすめの腰袋をご紹介しました!

こちらもCHECK

【大工を目指す】これから大工になる人向けのおすすめ腰袋2選

お疲れ様です。リフォダイです。今回の記事では大工を目指している方や、初めて腰袋を買う方向けに、おすすめの腰袋や選び方を解説しました。 この記事では以下の悩みを抱えた人に役立つ記事です。 こんな悩みを現 ...

続きを見る

YouTubeでも紹介しました!

おすすめ記事

その他

2022/12/3

中古住宅を買うときの注意点とチェックポイント

最近田舎暮らしや、中古住宅を買って自分で直す!というスタイルが以前にも増したと思います。また、価格が新築よりも半分以上の破格で売り出されているのも一つの魅力でしょう。この記事にたどり着いたあなたも中古住宅の購入を迷っていると思います。 そこで今回は購入前の注意点とメリット、デメリット。チェックするべきポイントをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。 クリックできる目次1 中古住宅のメリット1.1 建物が安く、土地込みで購入できる1.2 実際に確認できる2 中古住宅のデメリット2.1 耐震性が低い2.2 ...

ReadMore

施工事例

2022/11/12

【1000円以下でできる】寒すぎるから断熱向上のため窓にプチプチつけてみた。【寒さ対策】

前回の記事では寒さ対策10選を解説しましたが こちらもCHECK 今回は最近引っ越したので、窓にプチプチを付けてみたので記事にしました! クリックできる目次1 寒さの原因一番は窓2 夏場でも活躍3 準備するモノ4 作業開始4.1 マスキングテープを貼る4.2 両面テープを貼る4.3 プチプチを貼る5 完成6 デメリット 寒さの原因一番は窓 暖かい空気は窓から逃げていくことが多いので、(部屋の中で最も薄いから)暖房器具で暖めても暖まる速度が遅くなり、持久性も低下します。我が家では4m×90cmの窓でかなり空 ...

ReadMore

その他 ノウハウ

2022/11/13

【暖房節約】リフォーム大工が考えたDIYやグッズでできる部屋の寒さ対策10選

どこにいっても値上げの話題。異例の円安。電気やガスも値上げ。これから寒くなる季節。なにか対策できることはないか考えました。 どうも、現役リフォーム専門大工をやっている「だいひー」と申します。今回は自分でできるDIYや対策グッズをまとめてみましたので、気になる項目があったら是非試してみてください! クリックできる目次1 寒い原因を知ろう1.1 断熱性が低い2 寒さ対策DIY2.1 窓の対策2.2 床の対策3 ドアの隙間をなくす4 寒さ対策グッズ4.1 加湿器を設置する4.2 エアコンと遠赤系のスイング機能付 ...

ReadMore

makita 電動工具

2022/10/30

【TD002】マキタ40Vインパクトレビュー【14.4Vから乗り換え】

ついに。。。ついに買ったゾ!マキタ40VMAX! ということで熱量が高いまま、開封初日に最速レビューしていきます。 クリックできる目次1 14.4Vから乗り換え2 いざ開封2.1 ケース2.2 バッテリー2.3 充電器2.4 本体3 まとめ 14.4Vから乗り換え 今までは14.4Vのインパクトを使っていました。今時使っている方が珍しい方だと思っています。笑 乗り換えた理由は単純に力不足。リフォームでは根太工法が支流なので何本もビス打ちます。親方のハイコーキ36Vと打つスピードが2倍以上違います。(体感的 ...

ReadMore

施工事例

2022/10/19

【土留めブロック施工】駐車場の砂利が側溝に入るので土留めしてみた

「砂利が側溝に落ちるので、土留めしてほしい」との依頼で、今回は土留めブロックを施工したので記事にします。 これから土留めブロックをDIYでやろうとしている方などの参考になれば幸いです。 クリックできる目次1 施工前の状況2 材料3 使用道具4 作業開始4.1 掘削・整地5 基礎コン打設6 ブロック並べ7 完成 施工前の状況 施工前はこんな感じでした。 上からの写真でわかりずらく申し訳ないのですが、砂利より側溝の方が低くなっているため、砂利が側溝に流れ入る状況でした。 これを阻止する対策として、土留めブロッ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

だいひー

はじめまして。当ブログサイトの運営者「だいひー」と申します。 リフォーム業に勤めていて主に大工をメインに活動しています。その他にも小さな電気工事や設備工事もできます。 このサイトではこれまで仕事で得た ・知識やノウハウ ・DIYに役立つ情報 ・使用工具レビュー をメインに発信していきます。

-小道具