ノウハウ

【釘とビスの使い分け】釘とビスの違いとは。メリット、デメリットを徹底解説

2021-12-13

前回の記事では、ビスの使い分けを解説しましたが

こちらもCHECK

【ビスの選び方】もうホームセンターで迷わない。ビスの用途と特徴を徹底解説

いざ自作で何か作ろう思って、ホームセンターに行ってみるとそこにはすごい数のビスがあって、どれを選べばいいかわからなくなりませんか? 現に仕事を始める前はビス選びに失敗しました。 そこで今回は、ホームセ ...

続きを見る

 

今回は釘とビスの使い分けを解説していきます。

釘にも種類は多数ありますが、今回はよくみる釘(N釘)と比較していきます。

釘のメリット、デメリット

メリット

粘りずよく折れない

釘の強みは折れないことが一番の強みです。

サビっサビな釘はさすがに折れるけど、それ以外は99%折れません。

後に「使い分け」で詳しく解説します。

お金がかからない

玄翁(トンカチ)と釘さえあれば作業ができるので、初期費用がかからないことが嬉しいポイントですね!

デメリット

打つのが疲れること

一本や二本位は余裕ですが、これが50本や100本打つと大変疲れます。

特に長い釘を数本打つだけでも嫌になるレベルです。

そんなときは大工なら釘打機で楽に打てるんだけど、一般人ならそうはいかないことがほとんどであろう。

打ち損じてケガするリスクあり

打ち損じて手を叩いたり、仕上げ材を傷つける可能性があることもデメリットであります。

最悪、指を骨折する可能性もあるので注意しましょう。

集中力が切れてくると起こりやすいので、休み休みやるのがベストです。

曲がって打ち込めなくなる

釘を打っている途中に曲がってしまうと打てなくなるので、なるべく垂直を意識して打つようにしましょう。

ビスのメリット、デメリット

メリット

締める力が強い

ビスの強みは釘の反対で、抜けずらく、折れやすいことです。

ビスには引き締める力がとても強いのでそうそう抜けないません。

なので天井を止めたりするときにはビスが最適。 

疲れない

長い釘とビスを打つのなら断然ビスのほうが楽です。

インパクトドライバーが必要ですが、力はいらないし、早く打ち込めることが特徴です。

デメリット

折れやすい

ビスは新品でも簡単に折れてしまうことです。

ハンマーで何回か叩くと簡単に折れてしまいます。

ですが、普段使いなら簡単には折れないから安心して使って大丈夫です。

電動工具がいる

ビスを締めるのにインパクトドライバーがいるので初期費用が掛かるのがデメリットの一つです。

でも1台買っておけば、今後のDIYにも役立つこと間違いないので、安いやつを買っておいても損はないでしょう。

それぞれの「使い分け」を解説

ここからが重要で、「釘とビス」どう使い分けるのが良いか解説していきます。

釘は木材を横にとめるときに上から力がかかる時に効果を発揮します。

先程も解説した通り、釘には粘りがあり折れずらいことが特徴です。

床を張る前に根太を敷く。この根太を支えるのが根太掛けで、当然床の上は人が歩く場所でもあり、モノを置く場所でもあります。

根太掛けは間柱を横からとめるので、この場合は釘で止めるのが正解。

ビスでもいいですが、釘のほうが上からの力に強いので釘でやりましょう。

ポイント

上からの負荷と材をとめる方向を意識して使いましょう

ビス

ビスは引き締める力が強いので、天井材(石膏ボード)や上から力がかからないところに最適。

他にも引っ張って抜けてほしくないような箇所に使うことが最適です。

例えばコルクボードを壁に固定したいとき

壁に何かを固定したいときにあまり負荷のかからないモノならビスがおすすめです。

まとめ

最後にまとめると

ポイント

・釘は手軽に扱える上からの負荷に強いこと打つのが疲れる

・ビスは初期費用はかかるけど、使える幅が多いこと。

いかがだったでしょうか?

この記事を参考にして、ぜひ使い分けてみてくださいね。


おすすめ記事

電動工具

2022/4/27

 【DIY】絶対に元が取れる電動工具2選

お疲れ様です。リフォダイです。今回は、今現在DIYされている方や、これから始める方に向けて、絶対に元が取れる電動工具をご紹介します。 クリックできる目次1 電動工具は高いがそれ以上の価値がある1.1 時間削減できる1.2 体力を使わなく済む2 第一位インパクトドライバー2.1 バッテリーのアンペアについて2.2 おすすめは中古3 第二位、電動丸ノコ3.1 中古丸ノコを買ったらしたいこと4 まとめ 電動工具は高いがそれ以上の価値がある 電動工具の最大の欠点は価格が高いことだと思います。しかしそれ以上のメリッ ...

ReadMore

DIY

2022/4/3

【プロが教える】余った材料で簡単に作れる【ペケ台】

お疲れ様です。リフォダイです。今回はペケ台の作り方をご紹介します。 作業台が欲しい人「ペケ台ってどうやって作るの?」「必要な材料や工具は?」 こういった疑問に役立つ記事です。 記事の信頼性 私はリフォーム大工を6年しており、過去にペケ台を2台作った経験をもとに解説していきます。 クリックできる目次1 ペケ台とは1.1 メリット2 ペケ台の作り方2.1 必要な材料と道具2.2 高さを決める2.3 クロス部分の加工2.4 ペケ台を軽量化2.5 足を作る3 使用した道具 ペケ台とは ペケ台を知らない人にも簡単に ...

ReadMore

その他

2022/3/25

【住ながらリフォーム】大規模でも大丈夫な理由と住みながらのコツ

お疲れ様です。リフォダイです。今回は大規模リフォームでも住みながらやる方法を解説していきたいと思います。 リフォームをしたい人「水廻りを全部リフォームしたいけど住みながらできるのかな?」「部屋を広くする予定だけど住みながらできるかな?」 こういった疑問に答えます 記事の信頼性 私はリフォーム業界を6年しており、数々の大規模リフォームをこなしてきて、その経験をもとに解説していきます。 クリックできる目次1 大規模リフォームでも住みながら工事は可能か?1.1 フル改装はできない場合も2 大規模で住みながらやる ...

ReadMore

大工を目指す 小道具

2022/3/20

【大工を目指す】大工を始める前に揃えたい工具6選【2000円以下】

お疲れ様です。リフォダイです。今回は【大工を目指す】シリーズ第二弾。大工を始める前に揃えたい工具6選まとめました。 大工を目指す人「大工って何の道具を揃えたらいいの?」「勤める前に揃えておいた方が良い道具は?「必要最低限な道具は?」 こういった疑問に答えます。 記事の信頼性 私はリフォーム大工を6年しており、始める前に知りたかった工具を解説していきます。 クリックできる目次1 勤める前に揃えたほうがいい理由1.1 道具はある程度でいい。2 大工を始める前に揃えたい工具2.1 玄翁(トンカチ)2.2 スケー ...

ReadMore

makita 電動工具

2022/3/11

【マキタピンタッカレビュー】2年半使用しライトが点滅したので修理した件【PT353DZK】

お疲れ様です。リフォダイです。今回は2年半使用したマキタのピンタッカーをレビューしていきます。 「充電式のピンタッカって実際使えるの?」「エアーとの違いは?」 こういった疑問に答えます。 記事の信頼性 私はリフォーム大工を6年しており、ピンタッカを2年半使って正直にレビューしていきます。 クリックできる目次1 ピンタッカの特徴1.1 先端にLED付1.2 ケースの中身1.3 本体に付いていた付属品2 使い方2.1 打ち込み深さ調整2.2 連続打ち2.3 詰まった時の手直し3 メリット、デメリット3.1 メ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

リフォダイ

はじめまして。リフォダイと申します。 20代でリフォーム業に勤めていて大工をメインに活動しています。 このサイトではこれまで仕事で得た ・知識やノウハウ ・DIYに役立つ情報 ・使用工具レビュー をメインに発信していきます。

-ノウハウ