ノウハウ

【ビスの選び方】初心者向けに解説

2021-12-08

いざ自作で何か作ろう思ってホームセンターに行ってみるとそこにはものすごい数のビスがあってどれを選べばいいかわからなくなる。

(現に仕事を始める前はビス選びに失敗した経験済み)

そこで今回はホームセンターで迷わないためにそれぞれビスの用途や特徴を解説していく。

早急に解決したい人には目次から「まとめ、各部材のビス選び」をタップしてみてほしい。

それでは解説していく。

2種類の頭の形(平で基本OK)

ビスの頭は基本は2種類あってそれが

  • ナベビス

こちらは締めたときに頭が木材より出るビス

画像の通りネジ頭が丸み帯びているのが特徴。

取り付ける部分からビス頭が飛び出ていても問題ない場所に使えたり、あえて頭を見せるときに使うビスなんだ。

イメージ的にはこんな感じの仕上がりになる。

  • サラビス

サラビスは材料と平らになるビスのこと

こちらはナベビスと違って、頭が平らなので、木材とビス頭をフラットにしたいときに使う。

なにかを作るとき、大体はサラビスのコーススレッドを使うことがほとんどなので、この後説明するコーススレッドを調達すればOK。

コーススレッドとは

コーススレッドとはネジ山が広くて山が大きいのが特徴。

木材同士止めるならこれを買えばいい。

ご覧の通り木材通しがぴったりくっつく。

ネジ山(ネジの厚み)が太いので端に打つと木材が割れる可能性があるからこの後解説するスリムビスを使ってほしい。

一つ注意点があって、全ネジか半ネジ2種類あってこれにより作業効率が全く異なるのでよく読んでほしい。

半ネジか全ネジか(半ネジでOK)

よく初心者がつまずくポイントが全ネジか半ネジ、どっちを選べばいいかわからなくなるんだけど(筆者もここで失敗した)

  • 半ネジ

半ネジとは上部が溝になっておらず、下部がネジ山になっているビス。

上の画像にもある通り、ネジ頭の下の丸部分が山になっていない。

これにより木材と木材を引き寄せることができるンんだ。

ご覧の通り木材同士をぴったりくっつけることができる。

要は木材と木材をピタッとくっつけたい方にはこれ一択。これ買っとけば間違いないってことよ。

  • 全ネジ

全ネジは半ネジと違って溝はなく、全部がネジ山になっているんだ。

半ネジとは逆に木材と木材の間に隙間ができてしまうんだ。

なのでピタッとくっつけたい場合は、左手で木材同士をくっつけた状態で右手でビスを打ち込む。

半ネジの場合もそうなんだけど力加減が違う。

全ネジはぎゅっと握っていないといけないのに、半ネジなら支える程度でビスを締めればいい。

半ネジらならあとは自動的にピタッとくっつくから力も必要ない。

なので半ネジを買うことおすすめする。

木材の端に打つ場合はスリムビス

木材の端を普通のコーススレッドで締めると高い確率で割れてしまう。

木工キリを買ってコースを揉むのアリなんだけど、ビットの付け替えが手間になってしまう。

そんな時はスリムビスをおすすめする。

左が普通のコースで右がスリムビス。

名前の通りビスがスリムなのが特徴で、コースよりも割れにくくなる。

この通り端に打っても割れる確率は少なくなる。

ただし普通のコースよりも締め付ける力が弱くなる時もあるので、端と、割れやすそうな箇所はスリムビス。中間のところには普通のコースを使い分けることをおすすめする。

長さは2倍を目安に

次に悩むのがビスの長さに悩むと思うんだけど、基本的なは木材の厚み×二倍の長さのビスを選ぶといい。

例えば3cmの木材を止めたいとなった時には約6cmくらいのビスを選べばヨシ。

キリのいい数字のビスがない場合は2倍以上のビスを使えばOK。

注意点として例えば、裏の壁には貫通しないか。など貫通したらまずい場合は2倍以下でもOK。

例えば

3cmの木材同士を固定するときは3㎝以上6㎝以下のビスを使おう。

ボードビス

これは石膏ボードを止めるときに使うビスであり

頭の表面がぶつぶつしているのが特徴でこの役割としては、壁紙を張る前にパテを打つんだけど、パテをくっつきやすいようにするためなんだ。

コンパネビス

コンパネを止めるコンビス

これはコンパネなど板材をとめるときに使うビス。

ボードビスとよく似ているんだけど、機能面がかなり違うので絶対に使い分けてほしい。

違いは丸く囲った箇所がフレキ加工になっており、これにより木を削りながら潜っていく特徴がある。

ボードビスは丸の箇所がラッパ(ツルツル)なのでこれを板材などに使うとビスが潜っていかない。

なので板材をとめるときにはコンパネビスを選ぼう。

まとめ、各部材のビス選び

ということでまとめると

・壁や天井の下地材→コーススレッド半ネジ

自分がとめたい木材の長さ+2倍の長さを選ぶ。

・際など割れやすいそうな時→スリムビス

スリムも自分がとめたい木材の長さ+2倍の長さを選ぶ。

・石膏ボード→ボードビス

・合板→コンパネビス

・根太→根太ビス

他にもさまざまなビスがあるんだけど、これらが家をリフォームするときによく使う基本ビスなのでこれらを選べばいいでしょう。

  • この記事を書いた人

リフォダイ

はじめまして。リフォダイと申します。 20代で現役リフォーム業に勤めています。 このサイトではこれまで得た ・知識 ・ノウハウ ・DIYに役立つ情報 ・使用工具レビュー をメインに発信していきます。 その他にも趣味や日々感じたことを発信していきますのでよろしくお願いします。

-ノウハウ