ノウハウ

【ビスの選び方】もうホームセンターで迷わない。ビスの用途と特徴を徹底解説

2021-12-08

いざ自作で何か作ろう思って、ホームセンターに行ってみるとそこにはすごい数のビスがあって、どれを選べばいいかわからなくなりませんか?

現に仕事を始める前はビス選びに失敗しました。

そこで今回は、ホームセンターで迷わないために、それぞれビスの用途や特徴を解説していきます。

早急に解決したい人は目次から飛んでみてくださいね!

2種類の頭の形(平で基本OK)

ビスの頭は基本的に2種類あって、それが

ナベビス

こちらは締めたときに頭が木材より出るビス。

画像の通りネジ頭が丸み帯びているのが特徴。

取り付ける部分から、ビス頭が飛び出ていても問題ない場所に使えたり、あえて頭を見せるときに使うビス。

イメージ的にはこんな感じの仕上がりになります。

サラビス

サラビスは材料と平らになるビスのこと

こちらはナベビスと違って、頭が平らなので、木材とビス頭をフラットにしたいときに使います。

なにか作るとき、大体はサラビスのコーススレッドを使うことがほとんどなので、この後説明するコーススレッドを調達すればOK。

コーススレッドとは

コーススレッドとはネジ山が広くて山が大きいのが特徴。

木材同士止めるなら、これを買えば間違いないです。

ネジ山(ネジの厚み)が太いので、端に打つと木材が割れる可能性があるので、この後解説する「スリムビス」を使うことで、割れにくくなります。

一つ注意点があって、全ネジか半ネジ2種類あって、これにより作業効率が全く異なるので、それぞれの特徴を解説しますね。

半ネジか全ネジか(半ネジでOK)

よく初心者がつまずくポイントが、「全ネジか半ネジ」どっちを選べばいいかわからなくなりますよね。(筆者もここで失敗した)

結論から言うと半ネジが使いやすいです。

なぜ半ネジが使いやすいのか。全ネジとの違いを解説しますね。

半ネジ

半ネジとは上部が溝になっておらず、下部がネジ山になっているビス。

上の画像にもある通り、ネジ頭の下の丸部分が山になっていないのが半ネジ。

これにより、「木材と木材を引き寄せる」ことができます。

要は木材と木材をピタッとくっつけたい方にはこれ一択。

全ネジ

全ネジは半ネジと違って、溝がなく、全部がネジ山になっているのが全ネジ。

半ネジとは逆に、「木材と木材の間に隙間ができる

なので「ピタッ」とくっつけたい場合は、左手で木材同士をくっつけた状態で右手でビスを打ち込む。

半ネジの場合も同じなんですが、力加減が全然違います。

全ネジは「ぎゅっと握っていない」といけない反面、半ネジなら「支える程度」でビスを締めればいいだけです。

半ネジならあとは、自動的にピタッとくっつくから力もそんな使わなくて済みます。

なので半ネジを買うことおすすめしています。

木材の端に打つ場合はスリムビス

木材の端をコーススレッドで締めると高い確率で割れてしまいます。

木工キリを使って、コーススレッドを揉むのアリなんですが、ビットの付け替えが手間になってしまうのが”デメリット”です。

そんな時はスリムビスをおすすめします。

左が普通のコースで右がスリムビス。

名前の通りビスがスリムなのが特徴で、コースよりも割れにくくなります。

この通り、端に打っても割れる確率は少なくなります。

ただし、普通のコースよりも締め付ける力が弱くなる時もあるので、「端」と「割れやすそうな箇所」はスリムビス。中間のところには、普通のコースを使い分けることが一般的です。

長さは2倍を目安に

次に悩むのが、「ビスの長さ」だと思うんですが、基本的には木材の厚み×二倍の長さのビスを選ぶといいです。

例えば「3cmの木材を止めたい」となった時には約6cmくらいのビスを選べばOK。

キリのいい数字のビスがない場合は、2倍以上のビスを使えばOK

注意点として例えば、裏の壁には貫通しないか。など貫通したらまずい場合は2倍以下でもOK。

その他のビス

ボードビス

これは石膏ボードを止めるときに使うビスで

頭の表面がぶつぶつしているのが特徴で、この役割としては、「パテをくっつきやすいようにするため」であります。

コンパネビス

これはコンパネなど「板材」をとめるときに使うビス。

ボードビスとよく似ているんですが、機能面が違うので絶対に使い分けてください。

違いは丸く囲った箇所がフレキ加工になっており、これにより木を削りながら潜っていく特徴があります。

ボードビスは丸の箇所がラッパ(ツルツル)なので、これを板材などに使うとビスが潜っていきません。

なので板材をとめるときにはコンパネビスを選ぼう。

まとめ、各部材のビス選び

ということでまとめると

・壁や天井の下地材→コーススレッド半ネジ

自分がとめたい木材の長さ+2倍の長さを選ぶ。

・際など割れやすいそうな時→スリムビス

スリムも自分がとめたい木材の長さ+2倍の長さを選ぶ。

・石膏ボード→ボードビス

・合板→コンパネビス

・根太→根太ビス


他にもさまざまなビスがありますが、これらが家をリフォームするときによく使う、基本ビスなのでこれらを選べばいいでしょう。

ビスの使い方については記事にしております。詳しく知りたい方はこちらから↓

こちらもCHECK

【釘とビスの使い分け】釘とビスの違いとは。メリット、デメリットを徹底解説

前回の記事では、ビスの使い分けを解説しましたが こちらもCHECK   今回は釘とビスの使い分けを解説していきます。 釘にも種類は多数ありますが、今回はよくみる釘(N釘)と比較していきます。 ...

続きを見る


おすすめ記事

その他

2022/12/3

中古住宅を買うときの注意点とチェックポイント

最近田舎暮らしや、中古住宅を買って自分で直す!というスタイルが以前にも増したと思います。また、価格が新築よりも半分以上の破格で売り出されているのも一つの魅力でしょう。この記事にたどり着いたあなたも中古住宅の購入を迷っていると思います。 そこで今回は購入前の注意点とメリット、デメリット。チェックするべきポイントをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。 クリックできる目次1 中古住宅のメリット1.1 建物が安く、土地込みで購入できる1.2 実際に確認できる2 中古住宅のデメリット2.1 耐震性が低い2.2 ...

ReadMore

施工事例

2022/11/12

【1000円以下でできる】寒すぎるから断熱向上のため窓にプチプチつけてみた。【寒さ対策】

前回の記事では寒さ対策10選を解説しましたが こちらもCHECK 今回は最近引っ越したので、窓にプチプチを付けてみたので記事にしました! クリックできる目次1 寒さの原因一番は窓2 夏場でも活躍3 準備するモノ4 作業開始4.1 マスキングテープを貼る4.2 両面テープを貼る4.3 プチプチを貼る5 完成6 デメリット 寒さの原因一番は窓 暖かい空気は窓から逃げていくことが多いので、(部屋の中で最も薄いから)暖房器具で暖めても暖まる速度が遅くなり、持久性も低下します。我が家では4m×90cmの窓でかなり空 ...

ReadMore

その他 ノウハウ

2022/11/13

【暖房節約】リフォーム大工が考えたDIYやグッズでできる部屋の寒さ対策10選

どこにいっても値上げの話題。異例の円安。電気やガスも値上げ。これから寒くなる季節。なにか対策できることはないか考えました。 どうも、現役リフォーム専門大工をやっている「だいひー」と申します。今回は自分でできるDIYや対策グッズをまとめてみましたので、気になる項目があったら是非試してみてください! クリックできる目次1 寒い原因を知ろう1.1 断熱性が低い2 寒さ対策DIY2.1 窓の対策2.2 床の対策3 ドアの隙間をなくす4 寒さ対策グッズ4.1 加湿器を設置する4.2 エアコンと遠赤系のスイング機能付 ...

ReadMore

makita 電動工具

2022/10/30

【TD002】マキタ40Vインパクトレビュー【14.4Vから乗り換え】

ついに。。。ついに買ったゾ!マキタ40VMAX! ということで熱量が高いまま、開封初日に最速レビューしていきます。 クリックできる目次1 14.4Vから乗り換え2 いざ開封2.1 ケース2.2 バッテリー2.3 充電器2.4 本体3 まとめ 14.4Vから乗り換え 今までは14.4Vのインパクトを使っていました。今時使っている方が珍しい方だと思っています。笑 乗り換えた理由は単純に力不足。リフォームでは根太工法が支流なので何本もビス打ちます。親方のハイコーキ36Vと打つスピードが2倍以上違います。(体感的 ...

ReadMore

施工事例

2022/10/19

【土留めブロック施工】駐車場の砂利が側溝に入るので土留めしてみた

「砂利が側溝に落ちるので、土留めしてほしい」との依頼で、今回は土留めブロックを施工したので記事にします。 これから土留めブロックをDIYでやろうとしている方などの参考になれば幸いです。 クリックできる目次1 施工前の状況2 材料3 使用道具4 作業開始4.1 掘削・整地5 基礎コン打設6 ブロック並べ7 完成 施工前の状況 施工前はこんな感じでした。 上からの写真でわかりずらく申し訳ないのですが、砂利より側溝の方が低くなっているため、砂利が側溝に流れ入る状況でした。 これを阻止する対策として、土留めブロッ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

だいひー

はじめまして。当ブログサイトの運営者「だいひー」と申します。 リフォーム業に勤めていて主に大工をメインに活動しています。その他にも小さな電気工事や設備工事もできます。 このサイトではこれまで仕事で得た ・知識やノウハウ ・DIYに役立つ情報 ・使用工具レビュー をメインに発信していきます。

-ノウハウ