電動工具

 【インパクト】マキタ40Vかハイコーキ36Vどちらがいいか調べてみた

2022-02-05

これまで電動工具はマキタの18Vを使ってきたんだけど、ついに上位モデルに手を出そうか非常に悩み中。

というのも今使っているインパクトは14.4Vなんだけど、今年で五年目になる。五年目の節目だしブログネタにもなるので、今回はマキタかハイコーキどちらがいいのか調べたので結果をお伝えする。

こんにちはリフォダイです。Twitterもやっております。

上位モデルにする意味

いきなり疑問なんだが「インパクトって36Vor40Vの必要ある?」と思ってハイコーキを使わせてもらった。

使ってみてのファーストインプレッション。

やばい。スピードが違いすぎる。

衝撃がはしった。

というのも今使っているのが14.4Vのインパクトっていうのもあると思うんだけど、圧倒的にパワーが違う。

こうなったらマキタの40Vを使ってみたいところだが誰も持っていない。

ハイコーキが一歩上

結論から言うとハイコーキのほうが優れていると俺は思う。

その理由や葛藤を見出しで解説していく。

互換性の有無

マキタとハイコーキの決定的な違いは、 互換性があるかないかの差なんだ。

その点に関してはハイコーキが有利。

ハイコーキのマルチボルトを買っちゃえば、もともと使っていた18V工具が使えるムダのない作り。

一方マキタは40Vバッテリーを持っていても18Vの工具には使えない。

今俺が使っているのはマキタの18V。これがハイコーキだったら迷わず乗り換えてた。

マキタがDIY向け。ハイコーキがプロ向け。

これはマキタのほうが性能が弱いとかじゃなくて、マキタはラインナップの数が多い。

マキタのラインナップ数は18V一つで、325種類もの製品を扱うことができる。

数も多いことで遊び心の商品もあるし、アウトドアに適した商品も多い。

今は40Vの話なんだが現時点で79種類もある。おそらく今後も増やしに増やしまくると思う。

一方ハイコーキはプロ向けのイメージが強い。

インパクトと比較してみるとマキタにはだれでも扱える機能があるのに対して、ハイコーキは弱中強とシンプル。

シンプルといってもビスを打った感じ、早く気持ちよく入る。(実際に打った使用感)

一方マキタは一定の速度で潜っていく。(youtubeの参考動画を見た限り)

この辺りハイコーキがプロ目線で作っているなという勝手なイメージ。

乗り換える葛藤

気になっているのは「今までのが無駄になってしまうんではないか」という点

ハイコーキやマキタ40にしたらまたバッテリーが増えるし、何より一から電動工具を買い足さなきゃいけなくなる。

それが頭の中でぐるぐる回っている。

でも使ってみたいという好奇心が駆られる。これは買うしか解決策はない。

マキタ40Vは一時だけ?

ということでいろいろ調べて分かったことが、マキタは40Vを謳い文句にしているんだけど、実は40Vは一時的にしか発動しないらしい。

だから40VMAXというネーミングがつけられているのか。納得。

Youtubeで見た感じどちらも互角だったので、40Vのほうが優れているとかではないっぽい。

結論マキタを購入

あれこれ考えた結果、マキタにする。

理由は、まだ周りに使っている人がいないから。とてもシンプル。

ということで購入次第レビューするので、 Twitterフォローして更新通知をお待ちください。

おすすめ記事

電動工具

2022/4/27

 【DIY】絶対に元が取れる電動工具2選

お疲れ様です。リフォダイです。今回は、今現在DIYされている方や、これから始める方に向けて、絶対に元が取れる電動工具をご紹介します。 クリックできる目次1 電動工具は高いがそれ以上の価値がある1.1 時間削減できる1.2 体力を使わなく済む2 第一位インパクトドライバー2.1 バッテリーのアンペアについて2.2 おすすめは中古3 第二位、電動丸ノコ3.1 中古丸ノコを買ったらしたいこと4 まとめ 電動工具は高いがそれ以上の価値がある 電動工具の最大の欠点は価格が高いことだと思います。しかしそれ以上のメリッ ...

ReadMore

DIY

2022/4/3

【プロが教える】余った材料で簡単に作れる【ペケ台】

お疲れ様です。リフォダイです。今回はペケ台の作り方をご紹介します。 作業台が欲しい人「ペケ台ってどうやって作るの?」「必要な材料や工具は?」 こういった疑問に役立つ記事です。 記事の信頼性 私はリフォーム大工を6年しており、過去にペケ台を2台作った経験をもとに解説していきます。 クリックできる目次1 ペケ台とは1.1 メリット2 ペケ台の作り方2.1 必要な材料と道具2.2 高さを決める2.3 クロス部分の加工2.4 ペケ台を軽量化2.5 足を作る3 使用した道具 ペケ台とは ペケ台を知らない人にも簡単に ...

ReadMore

その他

2022/3/25

【住ながらリフォーム】大規模でも大丈夫な理由と住みながらのコツ

お疲れ様です。リフォダイです。今回は大規模リフォームでも住みながらやる方法を解説していきたいと思います。 リフォームをしたい人「水廻りを全部リフォームしたいけど住みながらできるのかな?」「部屋を広くする予定だけど住みながらできるかな?」 こういった疑問に答えます 記事の信頼性 私はリフォーム業界を6年しており、数々の大規模リフォームをこなしてきて、その経験をもとに解説していきます。 クリックできる目次1 大規模リフォームでも住みながら工事は可能か?1.1 フル改装はできない場合も2 大規模で住みながらやる ...

ReadMore

大工を目指す 小道具

2022/3/20

【大工を目指す】大工を始める前に揃えたい工具6選【2000円以下】

お疲れ様です。リフォダイです。今回は【大工を目指す】シリーズ第二弾。大工を始める前に揃えたい工具6選まとめました。 大工を目指す人「大工って何の道具を揃えたらいいの?」「勤める前に揃えておいた方が良い道具は?「必要最低限な道具は?」 こういった疑問に答えます。 記事の信頼性 私はリフォーム大工を6年しており、始める前に知りたかった工具を解説していきます。 クリックできる目次1 勤める前に揃えたほうがいい理由1.1 道具はある程度でいい。2 大工を始める前に揃えたい工具2.1 玄翁(トンカチ)2.2 スケー ...

ReadMore

makita 電動工具

2022/3/11

【マキタピンタッカレビュー】2年半使用しライトが点滅したので修理した件【PT353DZK】

お疲れ様です。リフォダイです。今回は2年半使用したマキタのピンタッカーをレビューしていきます。 「充電式のピンタッカって実際使えるの?」「エアーとの違いは?」 こういった疑問に答えます。 記事の信頼性 私はリフォーム大工を6年しており、ピンタッカを2年半使って正直にレビューしていきます。 クリックできる目次1 ピンタッカの特徴1.1 先端にLED付1.2 ケースの中身1.3 本体に付いていた付属品2 使い方2.1 打ち込み深さ調整2.2 連続打ち2.3 詰まった時の手直し3 メリット、デメリット3.1 メ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

リフォダイ

はじめまして。リフォダイと申します。 20代でリフォーム業に勤めていて大工をメインに活動しています。 このサイトではこれまで仕事で得た ・知識やノウハウ ・DIYに役立つ情報 ・使用工具レビュー をメインに発信していきます。

-電動工具