ノウハウ

【定規を使わず】丸ノコでまっすぐ切る方法を職人が教えます。

2022-02-02

「丸ノコを使ってもまっすぐ切れない」「90℃にならない」「定規を使わずうまく切りたい」

こんな悩みをお持ちの方に現リフォーム職人がわかりやすく教え致します。

この記事ではこんな方におすすめです。

初めて使う方

90°に切れない方

久しぶりに使う方

に向けた記事内容です。

こんにちは。リフォダイです。 Twitterもやっております。

丸ノコの準備と確認

まずは丸ノコのセッティングだ!

使用する前に数回に一度、以下のことをやってほしい。

刃の直角を確認する

まず最初にやるべきことは刃の直角を確認すること。

というのも、ベース台(青丸の箇所)と刃が直角になっていないと90°には切れない

初めて買ったり久しぶりに使うと、意外と数ミリ傾いていることがある。

直角かどうかを確認する方法は差し金を使って確認しよう。

やり方としては台座に差し金を当てて90°か確認する。

この時に電源ケーブルやバッテリーが外れていることを確認!

差し金が刃に対して

ぴったりくっついていればOK。

隙間が空いていたらOUT

上は刃と差し金が当たっているのに対して、下の方にいくと隙間が出てしまう。

隙間があるということは90°になっていないということ。

まずはここを直さないといくら切っても90°にはならないということ。

角度調整の仕方

角度が違ったら調整しよう。

まずは前と後ろに角度調整のつまみがあるので緩める。まるで囲ったところがつまみ。

緩めると台座が調整できるようになるので、差し金で確認しながら90°になったらつまみをロック。

最後にもう一度差し金を当てて隙間がなっかたらOK。

使う前の注意点

丸ノコを使う前にこれだけは覚えてほしいことが2点。

手袋はつけない

手袋をつけて使用すると、巻き込まれる可能性があるから

そんなことある?と思うかもしれないけど、例えば軍手がヨボヨボだった場合どうだろう。

スっと抜けて丸ノコに絡まり、丸ノコが暴れだす危険性も十分考えられる。

その事故には関わったことはないんだけど、毎年全国のどこかしらで起こる事故らしい。

なので自分の身や周りの人を巻き込まないためにも極力つけないでほしい。俺からのお願い。

丸ノコの後ろには立たない。置かない。

2つ目は丸ノコの真後ろには立たないこと。

なぜならキックバックは後ろに飛んでくるので、真裏で作業すると自分にも危害が及ぶ。

なので後ろに立つのはやめて斜め後ろに立とう。

以上が使う前の注意点。

実際に使用中の注意事項もあるので後ほど解説します。

墨出し(線の引き方)

準備が整ったら次は墨付けだ。

墨が曲がっていると当然切る際も曲がる。仕上がりも曲がってできる。なのでここではまっすぐ線を引く方法を解説する。

用意するものは差し金のみでOK。

線の引き方

まず切りたいところに、線ではなくチェックマークをつける感じで書く。

↑ダメな例

なぞるように書くと線が太くなって精度が悪くなる。

↑チェックマークな感じで

レ点に書くことで、そこを基準にして差し金で直角に線を引く。

ここでポイントは、差し金を真ん中で支えると直角になる

端に持っても差し金が木材から離れてしまうため直角にならない。

端の方を持つと片方が浮いてくるので直角にはならない。

斬り

すべての準備が整ったところで斬りに入る。

刃を調整

まずは切る木材に対して刃の調整をする。

木材に対して1~2mm程度刃を出そう。

ここでまた注意点があってそれがキックバックだ。

キックバックにならないために

キックバックが起こる原因は木材が丸ノコの刃に挟まった時に起こる現象。

上の画像の場合で丸ノコを入れると、真ん中に木材が折れてくるので挟まった反動でキックバックになる。

もしキックバックが起きた場合は一瞬の出来事なので意識的に覚えていてほしいのが

ポイント

・手を離さないこと。

・木材を押さえないようにすること

・丸ノコをしっかり握っていること

手を離すと勢いよく後ろに飛んでくる可能性が非常に高いので、必ず丸ノコをしっかり握っていること。

しっかり握っているとケガするリスクがガクッと下がる

それじゃあどうすればキックバックせずにまっすぐ斬るかというと、切ったやつが片方に落ちればいい。

こうすることで木材が刃を挟まなくなるのでキックバックを防げる。

要は丸ノコに負荷をかけなければキックバックは起きない。

まっすぐに切る方法

やっとまっすぐ切る方法を解説する。ここまで読んでくれた皆様感謝。

やり方は至ってシンプルなんだけど線をどっちに刃を入れるかによって長さが変わってくる。

↑線の真ん中で切ると実寸よりも短く仕上がる

↑線の外側で切るとぴったり実寸で切れる

なので制度よく仕上げる場合は線の外側を意識して切ってみよう。

そしてまっすぐ切るときに意識してほしいのが

ポイント

・曲がらないように少しずつ刃を入れて切る。

刃を少し入れたら引いて、また少し刃を入れて引くの繰り返し。

一気に切るのではなく、少しずつ切っていくとまっすぐ切れるゾ!

間違いないのは丸ノコ定規

今回の記事は【定規を使わず】をテーマに書いたんだけど、なんだかんだ言って定規を使えば間違えないし、精度もよりよくなる。

前回の記事で丸ノコ定規を解説した記事があるので、詳しく知りたい人は読んでみて!

こちらもCHECK

3種類の丸鋸定規の使い方とそれぞれの用途を解説

丸鋸を使うにあたって、必ずと言っていいほど必要なアイテムが丸鋸定規だ。 定規を使えばまっすぐに切れ、精度も高い。 今回はそれぞれをの用途と使い方について解説していく。 こんにちは。リフォダイです。Tw ...

続きを見る

今回使用した工具と道具

・差し金

・丸ノコ

・スケール

おすすめ記事

その他 施工事例

2022/9/24

【光熱費の節約】唯一ガスを使っているお風呂の節約。節水シャワーに交換してみた【SANEI・PS310-80XA-WA2レビュー】

我が家はプロパンガスの契約で毎月のガス代を節約しているんですげど、今回は唯一ガスを使っているお風呂を節約したいと思います。(ガスコンロをIHコンセントにしたのでプロパンは実質風呂だけ) クリックできる目次1 現在のシャワー2 逆止弁なしは不可2.1 逆止弁なしでも一時ストップを使わなければOK3 SANEI シャワーヘッド3.1 付属品4 取り替え開始4.1 変換アダプター取付4.2 シャワーヘッド取付5 水圧比較 現在のシャワー 現在のシャワーは下記の画像の通り。 メーカーはKVKの2ハンドル混合水栓。 ...

ReadMore

施工事例

2022/9/19

和室の砂壁に板張り!余った羽目板で部屋の雰囲気を明るくする

ちょっと変わったお仕事の依頼!和室の砂壁に羽目板を貼ってほしいと依頼。もちろん二つ返事でOK。 ということで今回は砂壁に羽目板を貼ったので解説していきます。 クリックできる目次1 さて?どうやって貼るか2 砂壁の上にベニヤ(下地代わり)を貼る3 羽目板を見栄えよく貼るために4 羽目板の割付5 完成 さて?どうやって貼るか 和室特有のこの壁。ここに羽目板を貼りなさいというお仕事。 「ん~。ドウブチで下地を作っても、柱から飛び出すしなー。どうやって貼ろうかな~」 「そうだ!ベニヤを貼って、その上に羽目板を貼ろ ...

ReadMore

その他

2022/9/5

職人が骨伝導イヤホンレビュー【現場で使えるのか検証】

散々買うか、買わないか迷ったあげく、買ってしまった骨伝導イヤホンのレビューを記事にしました。 とはいえ、今回紹介するのはもろガジェットなので、ガジェット専門サイトには絶対負けてしまう。 なので実際に現場で使ってみた感想、職人目線でレビューしていきます。 クリックできる目次1 骨伝導の目的は迷惑をかけないこと2 軽さが正義2.1 思わぬ問題3 メリット3.1 会話が聞こえる4 デメリット4.1 聞こえずらい4.2 締め付けられる4.3 寝ころびながら装着できない4.4 充電がマグネット5 そして再びフリマサ ...

ReadMore

施工事例

2022/8/29

【お風呂DIY】カビてしまったコーキングを打ち直す。

お疲れ様です。今回はお風呂のコーキング打ち直しを行ったので、解説していきます。 我が家のお風呂では、市販の薬では取れないカビが付いています。 長年放置していたのですが、ブログネタになると思い、この度施工しました。 クリックできる目次1 before2 用意するモノ3 作業開始3.1 カッターで大まかに切る3.2 細かいコーキング落とし3.3 コーキング打ち4 after4.1 注意点4.2 かかった時間5 カビを防止するには5.1 換気を行う5.2 水滴をふき取る before まずは打ち直す前の状態の画 ...

ReadMore

電動工具

2022/4/27

 【DIY】絶対に元が取れる電動工具2選

お疲れ様です。リフォダイです。今回は、今現在DIYされている方や、これから始める方に向けて、絶対に元が取れる電動工具をご紹介します。 クリックできる目次1 電動工具は高いがそれ以上の価値がある1.1 時間削減できる1.2 体力を使わなく済む2 第一位インパクトドライバー2.1 バッテリーのアンペアについて2.2 おすすめは中古3 第二位、電動丸ノコ3.1 中古丸ノコを買ったらしたいこと4 まとめ 電動工具は高いがそれ以上の価値がある 電動工具の最大の欠点は価格が高いことだと思います。しかしそれ以上のメリッ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

だいひー

はじめまして。「だいひー」と申します。 20代でリフォーム業に勤めていて大工をメインに活動しています。 このサイトではこれまで仕事で得た ・知識やノウハウ ・DIYに役立つ情報 ・使用工具レビュー をメインに発信していきます。

-ノウハウ